オステオパシーについて~テクニック編12「SAT(スペシフィックアジャストメントテクニック」


台風が接近し、皆様不安な一夜を過ごされたと思いますが大丈夫でしたでしょうか?僕に関して言えば、取り急ぎなんとか何事もなく過ごす事が出来ました。

 今回は久しぶりに、オステオパシーテクニックのご紹介です。(このシリーズもあとわずか!)

 

このテクニックは分類的には直説法で、以前ご紹介しましたHVLAと被ります。

ただテクニックを使うまでの方法論(検査法)が独自に確立されているのと、頸椎へのアプローチをうつ伏せで行うところが少し異なります。

 背景を簡単にご説明しますと、1950年代パーネルブラッドベリーDOは多くの患者さんを診るのに時間が足りない位忙しく施術をされていました。

そのブラッドベリーDOの弟子がヨーロッパオステオパシー会で著名なトム・ダマーDOで、ダマーDOは施術時間を短く出来るよう学んだ事をよりシンプルな形に発展させていきました。

そして現在、イギリスのジャズラムDOがその哲学、技術を引き継ぎ、更に発展させておられます。

 考え方としては、スティル先生から学んだオステオパシーを初めてヨーロッパに持ち込んだと言われるリトルジョン先生の脊柱カーブに対する考え方などを応用し、独自の検査方法を積み重ねていく中で、最も問題となる脊椎にワンアジャストメント(いわゆるポキッというテクニック)を施し、あとは暫く休んで貰うという流れです。

 つまりアプローチは脊柱に対するアプローチを主にして、検査からテクニックまで、実質10分~15分で終了です。

シンプルイズベスト、という言葉がぴったりなテクニックで、それでいて効果は身体全体に波及します。

また上記のような忙しい施術現場においては現実的にももってこいのテクニックです。

 僕が受講したジャズラムDOは日々この施術を繰り返すことによって患者さんへの触診、身体の使い方が流れるように美しく感じられました。

それと、現在のオステオパシーの考え方も取り入れ、具体的には頭蓋分野のエネルギーワーク的な感覚も用いて検査結果を導き出せるように工夫されており、これもまた今振り返ってみてもとても興味深い内容だと思えます。

 いずれにしても、シンプルなもの程追及すると奥深く、美しいという事の典型的な考え方、テクニックであるように思えました。

 

※湊は日本オステオパシープロフェッショナル協会の日本人講師による国内セミナー「SATベーシック」とジャズラムDOによる国際セミナー「SATアドバンス」を受講、修了しております。

夏の思い出~ライブ参戦

 


 お盆も過ぎ、朝晩いくぶん涼しさを感じるようになってきました。

あっという間に季節は過ぎていきます。僕自身今年は親戚の入院や、法事が重なったりで、特に時の経つのが早いように思います。

  そんな中ですが、7月の終わりと8月の終わり、山下達郎さんと小田和正さんのライブに行って来ました!

コロナ禍により、お二人のライブも約3年ぶりです。年齢をいってはあれですが、お二人とも70歳前後。しかしながら、達郎さんのライブは「クリスマスイブ」のイメージだけではない、とてもファンクでアグレッシブだし、小田さんもステージがアリーナ全体に作られ、そこを移動しながら、時には走って盛り上げてくれます。

 お二人を好きになった経緯を書くと長くなるので今回は省きますが(いずれのうのうと語ってみたい…)、僕は人付き合いもそうですが、広く浅くというよりは狭くても深く掘り下げたい、そのアーティスをいいなあで終わるのではなく、曲の背景や使われている楽器やミュージシャンに至るまで、色々掘り下げて調べるのが好きなんです。

そういう意味では、お二人とも間違いなくプロフェッショナルだと思いますし、だからこそ時代に淘汰されることなく、今も現役バリバリで活躍されているような気がします。

 そして何よりあのご年齢であれだけのパフォーマンスを見せて頂けると、いつか来るべく自分の姿も、「ああありたいな」と目標とさせて貰えたのでした。

 他にも野球にも行けて勝ち試合が多かったし、良い夏を過ごせたように思います。

まだまだ日中は暑いらしく、寒暖差が激しくなってきますので皆様体調に気を付けて去りゆく夏と秋の気配を楽しんで下さいね。

 

 

シンニチイズム来場、そしてリングイン!



戻り梅雨のようなグズグズしたお天気が続いておりましたが本格的な夏の暑さとなってきました。

 本日は月曜日なので週に一度の大切なお休み。暑いとはいえ普段室内仕事の僕は、良い天気をみるとやはり出かけたくなるのです。という事で、本日は広島マリーナホップへ!

行きたかった理由がありまして、今マリーナホップでは「シンニチイズム」というイベントがやっております。なんの事かと言いますと、「新日本プロレス」の「イズム」という事で、新日本プロレスの歴史の紹介、それにまつわる写真、チャンピオンベルト、リングコスチュームなど多くは本物が展示されているのです!

 僕にとってのシンニチイズムというとどうしてもアントニオ猪木さんになります。最近でこそあまりプロレスをみていないのですが、小さい頃から猪木さんのプロレスが大好きで、その後は猪木さんの人生や考え方に関する本なども色々読んでおり、度々勇気を貰ったりしているのは、こちらのブログでもご紹介しております。

 猪木さんはプロレスが単なるショーのように思われてしまう偏見と常に戦い続け、プロレスラーは強くなくてはいけない、そしてその為に激しい道場での練習を日課と課していました。

写真はそんな新日本プロレスの道場に飾られていた猪木さんの写真と言葉、これらは度々本やビデオなどで目にしたものですが、その本物を目の当たりにして感無量!しかも一部を除いて写真撮影もOKという事で、有名なIWGPのチャンピオンベルト、アンドレジャイアントの実物リングシューズ(これが本当にでかい!)、グレートムタのリングコスチューム…と宝の山を拝見してきました。

あげくには、実際に組み立てられたリングに上がらせて貰い、IWGPチャンピオンベルトの模型と共に写真撮影、そして選手のテーマ曲にのっての登場まで体験もできるのでした。

チャンピオンベルト写真はスマホに残っておりますがあまりに弱そうなチャンピオンなので写真アップはとても出来たものではありませんし、入場体験などとても恥ずかしくて係のお兄さんに「是非に」と勧められましたが「すんません…」と丁重にお断りしました。

何はともあれ、初めてのリングイン、意外と硬いロープに体を預けたりしながら貴重な体験をして、宝の山を見て童心に戻り楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

 

猪木さんは現在アミロイドーシスという心臓のご病気と闘っておられ、一時は命さえ危ぶまれるほどの状態だったそうです。

そして、猪木さんは「人生こそ戦い」という事で、強さの象徴であった元気な頃のご自身の姿だけでなく、現在のその弱り切った姿もテレビやその他でさらし、病気と闘い続ける意思を発信されておられます。

その姿には今だ勇気づけられますし、少しでもお元気になられるのを心より願っております。

 

 

 

オステオパシーについて~テクニック編11「モビリ(モビライ)ゼーションテクニック」

 

 早くも梅雨が明けました。激しい雨の梅雨とならなかったのは幸いですが、連日強烈な暑さです。皆様熱中症や体調管理にご注意くださいませ。

 今日は久しぶりのオステオパシーテクニックのご紹介です。 このテクニックはある意味あらゆるテクニックの基礎となるもので、本来もっと始めの方でご紹介するか、基本すぎて省こうかと思っていました。

しかし先日セミナーで四肢についてこのテクニックを体系的にやり直せる機会があり、改めてその重要さを再認識しました。「モビリ(モビライ)ゼーション」テクニックというもので、関節の制限(硬さや位置異常)がある時そのバリアの中で(→実はこれが最大のキーなのですがやや専門的になるのでここでは省きます)振幅を与えて関節を正常化していくものです。分類でいうと直接法です。

 書きましたようにこの「バリア」という概念がとても大切でその意味と感覚を理解しているかどうかで、以前ご紹介したマッスルエナジーテクニックやHVLAといった直接法のテクニック、その他全てのテクニックの感覚や効果に影響してきます。

 僕個人は以前ご紹介したGOT(ジェネラルオステオパシックトリートメント)にも組み入れて使うことによって、GOTの再理解や、施術におけるバリエーションを増やしていけました。

基礎にこそ大きな要素が含まれ、基本が何事も大切であることを再確認させてくれるテクニックです。

 また患者さんにとっても、体感があるので心地良いと思いますし、施術後の変化を感じて頂けると思います。

 

※湊は日本オステオパシープロフェッショナル協会の国内セミナー「モビライゼーションテクニック」と「四肢のダイレクトテクニック」を受講、修了しております。

このブログの趣旨や注意事項はこちらをご覧下さい




最近のあれこれ

 だいぶ蒸し暑くなってきました。梅雨にも入りましたが、今のところ雨はそれほど多くなく、ただ毎年どこかで雨の災害のニュースを聞きますので今年は無事に雨季を乗り越えて欲しいと思います。

 カープはなかなか厳しい状況です。交流戦にこうも毎年弱いのはやはり何かに問題があるのだろうと思います。野村克也元監督曰く「負けに不思議の負けなし」、もちろん一生懸命に選手はやっているのでしょうが、こうも同じことを繰り返すというのは、やり方が悪いのだとスタッフ、フロント全員でよくよく考えて欲しいなと思います。

監督からは「切り替えて頑張る」というコメントを良く聞きますが、切り替えてなんていないで、引きずって引きずって眠れないくらい負ける理由と勝つための戦略(何をどう頑張るのか)を良く考え抜いて欲しい、と勝手にど素人ですが腹を立てたりしています。野球といえど、本気になると毎日のメンタルに影響するので怖いです。

そんな中、以前書いたようにカープレジェンドユニフォームが届きました。51番時代の前田智徳選手のユニフォームと24番の大野豊投手です。51番は前田さんが好きなのは勿論ですがカープの出世番号なのでそれにあやかりたい、大野さんはサラリーマンのテスト生からあそこまでの投手に成長された方なので、僕も努力を忘れずにいようという意味でこのお二人にしました。ただ僕は結構収集癖があるので大好きな他の選手のユニフォームも欲しいなと思って、既に販売中止となっている為メルカリなどとにらめっこしております…。

 

 少々前になりますが、ゴールデンウイークには友人たちとの会食に久々出かけました。この仲間たちと会えるのはコロナ前以来なのでとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。改めて、やはりこうした直接の人間同士の付き合いが精神衛生上とても大切だと感じましたし、人生を豊かにしてくれるなと感じました。

僕の叔父叔母もコロナの影響で外出の機会が減ったせいで足腰が弱り、股関節の痛みが強くなったりちょっと転んだだけで骨折して入院したりと、身体の衰えが目立つようになりました。もちろん、感染対策は必要だとは思いますが、病気はコロナだけではありませんので、適度に体を動かし、おしゃべりなどもして心身ともにリフレッシュして欲しいなと思います。

 

 この土日はセミナー「四肢のダイレクトテクニック」に参加してきました。オステオパシー全体からみると比較的基本的とされる分野ですが、とても有意義な内容でした。

最近、四肢のトラブルの訴えがとても多いのも参加の理由でしたが、僕はたまにこうした基礎的な内容をしっかり勉強し直せるセミナーが好きです。勿論、まったく初めて知る脳や頭蓋分野のセミナーも大変興味深いですが、日々臨床をやっているとつい自己流になっていく中で基礎的な意味を見失ったりしかねですし、多少なり成長した自分の中で基礎的な内容を聞くと当時の自分では感じえなかった新たな発見も多々あります。

この仕事の良いところは自分の仕事のやり方次第で毎日毎日バージョンアップしていくのを強く感じられるところです。

身体に気を付けて身体の動く限りバージョンアップしながら仕事をしていきたいなと思います(^^)

ソフト整体のどか ご予約の注意事項

ゴールデンウイークも過ぎ、初夏の陽気となってきました。

久しぶりのブログとなってしまいましたが、少し堅苦しい内容となってしまいます。ご了承下さい。

 

ここ最近、ご予約時について気になる事が増えてきましたので改めてまとめさせて頂きます。

並べて書くと小うるさい感じもするのですが全て基本的な事ですし、施術は勿論1ヶ月百数十名もの患者さんのご予約受付やその他対応も私湊が一人で行っておりますので、円滑に施術を行う為にはある程度のルールも必用になってきます。ご迷惑をおかけしますがご理解頂けたらと思います。

 

 1、まずメニューにつきましてH30年6月以降

40分→5000円

60分→6000円

(共に回数券制度あり:有効期限2年)となっております。

(上記のように時間を分けている理由は長くなりますのでここでは書きませんが、悩まれる方はお気軽にご相談下さい)

施術は時間を守って行いますのでご希望の時間指定をして頂けたらと思います。

正し60分コースは当日のご予約状況により対応できない場合もございます。

※H30年6月以前からお通いの方で条件を満たす方は一部別メニュー料金となっておりますが、6か月来院間隔が空いた場合は新規の方と同じ扱いとなりますのでご了承下さい

※20分→3000円

 のコースもございます。こちらはある程度お通い頂いている方でご症状がもう少し気になる、施術のご希望があるものの予約が詰まっていて通常の施術時間が難しい時などに、相談させて頂くコースになります。

 

 2、来院時間は出来るだけ定刻に来て頂けましたら助かります。5分10分の前後は想定の範囲内ですが、それでも早く来られた場合、定刻までソファでお待ち頂くこともございますのでご了承くださいませ。

のどかでは完全予約制としておりまして、来院者の方のプライバシー配慮、コロナ対策で密を避けるため、また施術者も休憩を頂いたり、ご予約のネット処理などを施術間の時間で行っております。ご理解宜しくお願い致します。

 

 3、当日予約もお時間が合えば可能ですが、湊が施術中などで対応出来ず、予約が重複してしまうのを避ける為に、ご予約はご希望日時の3時間前までとさせて頂いております。メールやLINEでのご予約の方には必ずお返事をしますので少々お待ち頂き、1日経ても返事のない場合はお電話を下さいませ。

 

 4、当然、ご予約日時直前のキャンセルはなるべくお避け下さいませ。全ての準備が無駄になるだけでなく、前後のスケジュールに影響を及ぼし、また他のご希望の方をお断りするなど、お店にとって経済的損失が発生します。

正し、体調不良やご病気、その他突発的なご事情はありえますので、その際はすみやかにご連絡下さいませ。

※無断キャンセル、その他悪質なキャンセルの場合はキャンセル料として、施術料全額を頂く場合がございます。 

※ご予約時間3時間以内でのキャンセルのお申し出に関しては2回目からは施術料の半額を頂戴する場合がございます。

 

 5、ネットでのご予約スケジュールが満員になっている場合でも4のようにキャンセルが入る場合もございますのでご予約をご希望の方はキャンセル待ちのご希望があればご連絡下さいませ。キャンセルがあった場合にはご連絡差し上げます。

 

 

※上記内容、特にメニューや料金については今後予告なく変更の可能性がございます。

 

              以上宜しくお願い致します。ソフト整体のどか 湊

 

最近のあれこれ

f:id:m-tamaki:20220411131814j:plain


 桜もだいぶ散り、汗ばむくらいの陽気になってきました。

「年度初め」という言葉がありますが、僕にとっても一年の始まりは4月を起点にしているところがあります。

寒いのがあまり得意ではないので、1~3月は特に風邪などひかないよう体調重視で、予定もあまり大きなものはいれずに無事過ごせるように仕事をしていきます。

4月からは、生まれ月でもありますし暖かくなって、桜も咲き、野球も始まるということでテンションも上がってくるのです。

 そんな中最近久しぶりに岡山に行ってきました。池田動物園と後楽園を主に歩いたのですが、動物園はやはり良いですね。暗いニュースが多い昨今、動物には癒されます。

それにしても1万歩ほど歩いただけで結構疲れたりして、体力の低下が気になったのでジョギングシューズを購入して今年こそは少し有酸素運動を増やそうと決意しております!

 野球も始まりました!幸いマツダスタジアム初戦を観戦できたのですが見事なサヨナラ勝ちで大いに盛り上がりました。鈴木誠也が抜けて予想では随分下位にされているカープですが、先発は実績十分ですし、マクブルームという新外国人選手が安定した打撃をみせてくれているので前後の野手も調子を維持できれば十分に良い戦いを見せてくれると思います!

そして開幕前にはカープレジェンドゲームも開催されました!僕のような幼い頃からのカープファンにはたまらないメンバーが揃いました。何よりFAやトレードで他球団に移った選手も参加してくれて楽しそうにプレイしていたのが何より嬉しかった(^^)

色々あってもどこかで受け入れてまた一緒にやれる。歳を重ねるのも悪くないように思います。

そんなレジェンドのオールドユニフォームやTシャツも臨時発売されたので、ついついお金を使ってしまいました。できれば全部欲しかったですが、ミスター赤ヘル山本浩二さんは外せない、そしてピッチャーは川口さんもダンディーで好きでしたが、やはりテスト生から這い上がった努力の人大野さんを購入、するとやはり達川さんとの同級生バッテリーのも欲しくなり…、あげくは天才前田智徳さんの新人51番時代(あのイチローさんが前田さんにあこがれ51番にしたというのは有名な話ですし、カープでも鈴木誠也、小園くん、とカープ期待の番号なのです)のものがあったのでこれも欲しい…と頭を悩ませてしまいました。届くのはまだ先ですが届き次第球場に着ていきたいと思います(^^)

 半年クールの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」も先日終了しました。

三人のヒロインという事で朝ドラ好きの僕もどうなる話かと期待していましたが、それぞれに魅力的なヒロインでとても良かったです。

様々な伏線は最後の方で怒涛の回収劇でしたが、みんな幸せになれて良かったと思います。個人的には深津絵里さん、どうも歳が僕と同じみたいなのですが18歳役も違和感なく、透明感がすごくてとても良い女優さんだなと思いました。

何はともあれ、4月から活動的に公私ともに頑張っていきたいと思います!

f:id:m-tamaki:20220411132045j:plain