猪木さん2(本のご紹介)

f:id:m-tamaki:20201006152900j:plain

 予告通り、今回はアントニオ猪木さんの新刊「猪木力」のご紹介です。

 施術中、お付き合いのまだ浅い方に僕がプロレスや格闘技、特に猪木さんが好きだというと「意外だ」という声を頂いたりしますが、僕の人生において猪木さんは間違いなく大きな夢や勇気を与えてくれました。

 幼少期はもちろんプロレスラーとしての猪木さん。金曜の夜8時にテレビにかじりついていた40代の方は多いと思います。猪木さんは仕事としてプロレスをしていたわけではなく、「終生大衆につくす」、つまり使命感をもって24時間アントニオ猪木として、人生の喜怒哀楽をリングで表現しようとしましたし、またそれが出来る能力が桁違いに高かったんだと思います。

 

生い立ちやプロレスラーになったいきさつ(前回ほんの少しを書きましたが)を書いていくと長くなるのでやめますが、一言でいうと「苦しみの中から立ち上がれ」、まさにそうした本も出されているのですが、普通の人生では考えられない苦労や苦しみの中でも大きな夢を忘れずに、その肉体的、精神的強さで立ち上がってこられました。正直言っていくら本を読もうとも僕にはあんな人生は送れません。

 ただ、個人事業主のはしくれとして、自信を無くしたり自己啓発という事を考えたとき、学者が卓上で書いた本より、実際に身をもって体現してきた人の本の方がその「言霊」が違います。なので勇気をもらいたいときには僕は猪木さんや、格闘家のヒクソングレイシーさん、野球選手では落合博満さんや前田智徳さんに関する本を読んだりします。(勿論それ以外にも素晴らしい方の本は沢山あると思います)

 前置き長くなりましたが、猪木さんの本には悲壮感はありません。夢や勇気があります。この本もそうした猪木さんの考え方に始まり、過去のレスラーたちとのエピソード、そしてあの猪木さんにしては感傷的になられているのが昨年なくされた奥様とのお話。そしてこれからの夢やコロナ禍における元気。

 個人的にはこれまた有名な格闘家、前田日明さんとの対談が読みごたえがありました。前田さんも若い時は猪木さんにかみついた発言をされていた事もありましたが、年齢を重ねられ猪木さんへの感謝や尊敬の気持ちがとても感じられる対談となっています。なんやかんやで人はしんどかった頃が一番懐かしく感じられるようになるのかもしれません。

 そして今、猪木さんは心アミロイドーシスという難病におかされている事を公言されています。先日YouTubeであの強さの象徴のような猪木さんが人に付き添われて屈伸運動のリハビリをしている動画を観ました。

 勿論、好き嫌いがある人もいるかもしれませんが、「毒を飲み込む勇気」、これも猪木さんの言葉ですが、ちょっと元気をもらったりできるかもしれませんよ。そして読み終わる頃には顔が猪木さんのようになっているかもしれません。

 

「元気があればなんでもできる」素晴らしい言葉だと思います。

 猪木さん、いつまでもお元気で、是非僕らもに元気を与えて下さい!

 

 

猪木さん1(プチブログ5)

 昨日、夢にアントニオ猪木が出てきた。

夢の中の猪木さんは、祭りのテキ屋でビデオやパンフレットを販売していたのだが、随分不機嫌そうで今にも「コノヤローッ!」と言い出さんばかりの表情をしていた。世の中の現状を嘆いていらっしゃるのか。

 そんな夢を思い返しながら本日仕事をしていたら、最後に対応した女性が職場のストレスで悩まれ最近嫌な夢をみる事が多いといわれる。

少し緊張を緩めて差し上げようと、上記猪木さんの夢のお話をすると幸い笑顔が戻り、こちらも熱が入ってきて、猪木さんが中学生のころ家族でブラジルに移住した事、力道山にスカウトされてプロレスデビューした事、モハメドアリと対戦して当時で何十億という借金をしたこと、ビジネスや政治にも野心がありタバスコは実は猪木さんが初めて日本に輸入した事…などを話して差し上げた。

 おそらくそこまで興味は無かったのだろうけど、あいずちを打ち、時に質問をくれながらかれこれ15分ばかし猪木さんの話を聞いてくれたその女性は、おそらくとても気の利く、親切な人なんだと思います。だからこそしんどくなることも多いのかな。

 最近買った猪木さんの最新本をちょうどブログでご紹介しようと思っていたところに今日のようなお話。次回はその本について書こうと思います。

 

本日安浦出張日

 今日は呉市東部にある安浦町というところへ出張に行って来ました。

 どういうことかというと、以前ご紹介でお二人様が呉の自宅に施術に来て下さっていました。安浦町からのどかの海田町までは少々遠いですし、自宅は地理的に不便な場所ですがそれでも良いとおっしゃるので最寄りの川原石駅までお迎えに行ったりしながら(多少ご高齢で足が悪い方なので)、お通い頂いておりました。

ところが二年半前の西日本豪雨で安浦町も甚大な被害を受け、JR呉線も当面不通となってしまったのです。

そんな中でも身体もしんどいし施術を受けたいと必要として頂いたので、色々相談する中で、安浦町のある公民館を日割りで借りて下さり、僕が伺うことにしたのです。

当初はお二人でも施術対応をして、その後海田町に移動していたのですが(通常はのどかでは様々な理由で個別の出張対応は致しておりません)、あれから二年半噂を聞かれた方からのご希望が増えて来て、今では一日限度枠の7~8人様がお通い頂く事になり、その日1日は安浦町出張の日として海田町ののどかへの移動は出来ない程になりました。

 集まって下さる方は70代以上の方ばかりなので、お身体はそれなりに良くなく、施術上はなかなか大変な部分もあるのですが、やはり人生経験の豊富な方々、色々なお話もして下さり、勉強になることも多々あります。

またその公民館のそばには川が流れており、自然豊かでのどかな土地、お家でとれたお野菜などを頂く事もあり、のどかで仕事をするのとはまた違った穏やかな雰囲気で施術をさせて頂いております。

 皆さま、いつまでもお元気に過ごして頂き、少しでもそのお役に立てたらいいなと思っております。

プチ健康情報5~歯について

久しぶりのプチ健康情報、今日は歯について簡単に書いてみたいと思います。

 

その前に最近の僕。少しずつ秋の気配、日によっては肌寒さを感じる日もあり、朝晩と日中の気温差が激しく体調管理も大変ですね。

カープもいまいちな成績なので、夜は朝ドラ「エール」の録画をみるのが楽しみになっています。朝ドラにしては踏み込んだ戦争描写などもあり重いシーンもありましたが、コロナ禍の中、今一度平和の有難さを感じ直すよい機会となりました。「梅ちゃん」元気でいてくれて良かったです…

さて、先日歯医者さんにメンテナンスに行ってきました。特に虫歯などはないのですが2~3か月に一度メンテナンスに伺います。

 

健康情報といっても歯の大切さは皆様もよく実感されている事と思います。

虫歯や歯槽膿漏云々が良くないのは勿論ですが、最近ではこれらが脳や全身の疾患とも関係が深いという事も一般に聞くようになって来ました。僕が行っている歯医者さんには糖尿病と歯周病の関係の記事が掲示してありました。

 

今から10年少々前、全国でも有名なある歯科医の講義を受講したことがあります。その歯科医は本物の頭蓋骨を二つ持っているといわれていました。一つは歯がある頭蓋骨ともう一つは歯のない頭蓋骨。

そして歯のない頭蓋骨は歯のある頭蓋骨の重さの半分しかないといわれていました。

つまり歯だけで頭蓋骨半分の重さがあるという事です。これが非常に大切で食事などの時顎を動かしますが、この重さが脳に刺激を与えてくれるというのです。これを「骨髄弾道」というそうです。そういえば、一昔前の長生きで有名だった金さん銀さんはガムをかむことを日課にしているといわれていました。

認知症の患者さんは歯の良くない人が多いという記事も読んだことがあります。

 

そして、最初にお書きしたことと関係しますが、歯と臓器は密接な関係があります。

そして歯にもオステオパシー診断でいう稼働性や第一次呼吸という自然な動きがあり、体全身とも膜で連結しており、こうした稼働性が悪くなることで例えば肩が痛くなって上がらなくなったりすることもありえます。

 

まだまだ書き足りませんが、とにかく歯は大切です。

フロスや歯間ブラシ、マウスウォッシュの利用、歯医者さんによる検診も行っていつまでも健康な歯と歯茎を保ちましょう

 

プチブログ4

先日約6,7年ぶり位になられる女性が来院されました。

以前来られていた時は割と頻繁に来て頂いていたので僕もよく覚えています。

当時ご結婚されたばかりで、その後お二人のお子さんを出産され、育児に追われる中でなかなか時間がとれず、そうこうするうちやはりお身体が調子悪くなられたようです。

「身体をメンテナンスしないといけないなと、改めて感じました…」

お久しぶりに言われたのは健康管理の大切さと、母親としての考えの変化でした。

やはり何をするにも自分を犠牲にして子供優先になってしまうとの事。

よくよくわかります。僕の母親もそうでした。母は偉大です。男のお子さんとの事でしたが、男にとって母親は特別な存在です。今は少し反抗期だとも言われていましたが、そんな事は格好だけの事で、心の中ではお母さんに感謝してくれているはずですよ、と自分の体験も踏まえてお話しました。

それより、子供にとって親が体調悪そうだったりするのは敏感に感じます。自分の体調を大切にする事も子供さんの為にもなると思います。

世のお母さま方、いつも本当にご苦労様です。無理されませんように<m(__)m>

プチブログ3

 朝晩いくぶん涼しさが感じられるようになってきました。

 先週土曜日の事、朝一番に来院された、かれこれ数年以上お通い頂いている女性ですが、あまりご自身から多くの事をお話される雰囲気の方ではありません。

僕の方から、リラックス出来たり体調について必要なことなどをお話しながら施術をしていたところご質問が。

「この仕事はいつまで出来るんですか?」との事。

話の流れとしては突然の内容だったのですが、

個人事業主だし、期限は特にないんですよ。僕自身は健康に気を付けて出来たら80歳まではやりたいなあ…」

などとお答えして、「でも、何でですか?」

とお聞きしたら、

「いや、体調も良くなったし、いなくなられたら困るなと思って…」

とポツリ。そんな事を言われたら朝一番から涙ちょちょぎれる勢いです。

あまり大きく感情を表現される方ではないですが、そういう風に感じてくれていたんだなあ…と施術者冥利に尽きるといいますか、今後も頑張らればと気持ちを新たにしたのでした。

人生が変わる

お盆も過ぎ9月に入るというのに、いまだに30度半ばに迫る猛暑が続いています。皆様体調はいかがでしょうか?

あくまで僕個人の考えですが今後20年、30年後に人間がごく普通に健康に過ごせる日常環境にあるのかと考えてしまいます。

巨大化した台風に豪雨、夏は40度越えが当たり前、強い電磁波環境(5Gなど)に大気汚染(P.Mなど)、様々な新しい感染症…etc 

総理大臣も変わることとなりましたが、日本の経済、環境、生活がより良くなるように勤めて頑張って頂きたいなと心から思います。

 

ご夫婦や娘様ご夫婦などご家族でのどかをご利用頂いている方がおられます。その奥様が来院されたのですが、最近早起きして瀬野川のほとりを散歩する事を始めたとの事です。そしてそれを奥様より先に始められたのがご主人様で連れられるように今はお二人で朝散歩されているようです。

幾分夜明けも遅くなり星や月を眺めたり、水辺の鳥に餌をあげたり、体調にも気分的にも洗われるようだとおっしゃっておりました。

何より、ご主人様がのどかに来て頂くようになって腰の調子や体調が良くなり散歩もしようという気持ちになったのがすごいとおっしゃって下さいました。

病は気からといいますが、ある意味気は病からでもあります。健康状態が上がると気分が上がります。そうすると意識が変わり次に行動が変わります。

もしかしたらその行動の変化は人生を変える程のものになるかもしれません。健康が向上するというのは人生も変わるかもしれないのです。

 

最初にお書きしたように、現代は体調管理が本当に大変な時代になりました。

また残念ながら、体調を崩してみないと健康の有り難さがわからないという方も多いです。健康だと思っている人でも遅くても40代、出来れば30代には体調管理の為に何かを始めるべきだと来院される方には常々お伝えしています。これらの年代は仮にごまかしがきいても、50代以降となってくると健康状態に目に見える形で差が出てきます。僕自身も本当に色々な形で気を付けています。

是非健康管理の重要性を再確認をして頂き、今年もあと4か月、楽しい思い出も沢山作って頂けたらと思います(^^♪