♭くん届く

前回最後に少し書きましたが、電子ピアノを自宅に買いました♫
まともに弾けませんが適当に音を鳴らしているだけでも落ち着きます。
 
まともには弾けないのですが、一応大学時代に習ってはいたのです。
ただクラシックピアノではなく、ギターの弾き語りを遊びでやっていたので、それと同じようにピアノでも同じような事が出来たらいいなという感じで、大学近くの音楽教室を訪ねたのですが、先生はセミプロで岡山のバーなどでセッションされている方で、本格的にブルース・ジャズピアノを理論から叩き込まれました。
理論は面白くて、それがわかると楽譜が読めなくてもコード進行でなんとなく遊びで弾けたりするので役に立ったのですが、就職以降さすがにそんな余裕はなく今ではすっかり忘れてしまっておりました(T_T)
 
好きなアーティストは沢山いますが、最近小田和正さんの音楽が再ブームでその中でもピアノ弾き語りに近い曲は、小田さんの音の選び方が綺麗というか、こんな風に弾きたいなと思ったのが、購入を思い切った一番の原因です。
ただ、残念なことに仮に弾けたとしても小田さんの声は高いので唄えない(-_-;)。
小田さんは声そのものが楽器みたいな方なので、まあそれは仕方ないです…。
 
また、坂本龍一さんも影響された一人です。
こちらはバリバリ東京芸大出身で専門的ソロピアノ楽曲も多いですが、何分難しいのでその通りにはとてもとても難しいです。
けれど聴くのは好きで随分聴きました。
残念ながらお亡くなりになりましたが、先日坂本龍一さんの追悼番組を放送しており、亡くなる直前意識のない中でもピアノを弾くように指を動かされていたのが印象的でした。
 教授の曲、練習したら弾けるかな…。可能なら引き継いでみたいです。
 
そして、大した意味はないのですが、このピアノ、どこか存在感あるけど一歩下がって寄り添うようにいて欲しいと思って、ピアノの名前は「♭くん」と名付けてみました(笑)