植物に学ぶ

本日倉敷より。あれ?と少しでも気付いて頂ける方はいないかもしれないですが普通なら火曜の夜は呉へ移動なのですが明日は加盟していますメンタル整体学院の皆さんとの勉強会、食事会がありもう一日の追加滞在となりました。先日テレビのない部屋といいましたが、ついにノートパソコンにテレビチューナーを取りつけましてパソコンでテレビが見れるようになったのです>^_^< 必ずみるというほどの番組はないのですが何かするにつけても、テレビの声が聞こえてると安心しませんか?独り暮らしの悲しい性でしょうか。これで朝からめざましテレビがみれて、世の中のながれについて行けそうです(^_^;)。
さて、本日はちょっと一息最近趣味のガーデニングから得た植物の特性について。花を育てるのに大切な作業で切り戻しというのがあります。好きな方なら基本事項ですが咲き終った花を茎の根本近くからばっさり潔く切り取るのです。これによりどうなるかと言えば根本から違う茎がはえて株が大きくなっていくんですね。その理由というのが実に生き物らしくて、花を切られると種を残すことが出来ないため絶滅させまいとまた次の花を咲かせようと茎を出すのだそうです。太陽に向かって咲くひまわりといえ、風であちこちに飛んでいき花を咲かせるたんぽぽといえ、なんとも自然で力強く生きてることかと植物を育てていると関心することがたくさんあります。頑張りすぎて体を壊してはいけませんが、そんな自然でたくましい強さを身に付けたいなと思うここ最近でした。